新着情報

ワイン初心者が知っておきたい基礎知識⑥


 

「ワインを飲むためには深い知識が必要な気がする」という理由で初心者の方の多くは、ワイン選びを難しいものと感じていませんか。
確かにワインの知識が豊富であれば役に立つことは多いですが、初心者の方でもほんのちょっとの知識とワインを知りたい!という気持ちさえあればワインの世界を楽しめます。
今回も前回に引き続き、「ワイン=難しい」と感じているワイン初心者さんに向けて、ぜひ知っていただきたいワインの基礎知識についてご紹介致します。ワインの知識を深めることで、よりおいしいワインと出会えたり、楽しみながらワインを味わえるようになります!

 

ワインのボトルの形にも違いがある

よくみると、ワインのボトルの形にも様々なものがあります。コンビニやお店でワインを買うときには、ボトルによる違いも知っておくと便利です。ワイン初心者の方でもお気に入りのワインをみつける近道になります。

【フランス】
・ボルドー型
ボルドー地方の伝統的なボトルです。カベルネ・ソーヴィニヨン種の赤ワインに利用されることが多いです。いわゆる「いかり肩」のワインボトルです。

 

・ブルゴーニュ型
ブルゴーニュ地方で使われるなで肩のやわらかいラインのボトルです。ピノ・ノワール種やシャルドネ種の白ワインに利用されています。

 

・アルザス型
かなり細身のボトルです。中身は辛口の白ワインが多く、アルコール度数が高めなのもポイントです。

 

・シャンパン型
厚手のガラスでどっしりとした形のボトルです。炭酸の圧に耐えられるようにこの形状になりました。

 

・プロヴァンス型
ボトルの途中でくびれのはいるプロヴァンス型には、アルコール高めの辛口ロゼワインが入っていることが多いです。

 

【ドイツ】
・ライン型/モーゼル型
細身のボトルのこちらのタイプには、ジューシーな白ワインが入っています。ライン型は茶色、モーゼル型は緑色、ボトルの形は似ていますが色で違いを見分けてください。緑のモーゼル型に入っているワインのほうがフルーティな傾向にあります。

 

・ボックスボイテル型
丸くぽってりとしてブランデーのボトルに似た形のボックスボイテル型には、ドイツでは珍しい辛口タイプの白ワインが入っています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Osteria&Bar MANCINOはカジュアルな雰囲気で
本格イタリアンとワインを愉しめるお店です。
新静岡駅近くでイタリアンをお探しなら
Osteria&Bar MANCINOへ是非お越しください♫

pagetop