新着情報

ワインのペアリングを覚えよう!


MANCINO_ワインイメージ

 

ワインをもっと楽しむコツの1つに料理との「ペアリング」があります。ペアリングを覚えることで、ワインも料理もこれまでよりおいしく感じられるようになります。ここでは、ワインのペアリングとはどのようなものなのか、実際に試して欲しいペアリングとともにご紹介いたします。

 

 

ワインと料理の「ペアリング」

まずはペアリングとは何か、基本的な情報についてみていきましょう。

 

ペアリングとは?

ペアリングとは、一言でいうと「ワインと料理の組み合わせ」のことをいいます。このワインとこの料理を組み合わせることで、ワインと料理、それぞれ単体で味わうよりももっとおいしくなるというのがペアリングです。

レストランでは、コース料理でペアリングを楽しむことができるお店もあります。最近では、3つのものを合わせる「トリプリング」を提供しているお店も出てきました。

トリプリングでは、「ワイン+料理+果物」といったように、ワインと料理にさらに何かをプラスします。例えばローストポークに焼いた柑橘を合わせ、そこにワインをプラスすることで、ペアリング以上の楽しみが生まれるといったものです。

 

ペアリングでマリアージュを楽しもう

ワインと料理を楽しむ用語にはペアリングともう1つ、「マリアージュ」があります。マリアージュとはフランス語で結婚を意味し、ワインと料理がまるで結婚したかのように絶妙に調和している状態をいいます。

料理とワインをペアリングさせると、マリアージュも楽しめるということです。ワインと料理のおいしさを最大限に引き出す、素敵なペアリングを作り出してみましょう!

 

 

どんな組み合わせ方がある?

ペアリングにはいくつかの組み合わせ方法があります。組み合わせ方法の基本を知ることで、レストランのコース料理に限らず、自宅でもペアリングを楽しめるようになりますよ。ぜひ覚えてみてください。

 

・似ているものを合わせる

脂っこく食べごたえのある料理にはコクのある濃い目のワイン、さっぱりとしたものには辛口のワインといったように、料理とワイン、似ているもの同士を合わせることもペアリングの1つです。

例えば、牛肉にはカベルネ・ソーヴィニヨン種の赤ワインを。白身魚にはソーヴィニヨン・ブラン種の白ワインをといったように合わせてみましょう。

 

・土地が同じものを合わせる

ワインと食材の生産地を合わせるのも1つの方法です。少しマニアックですが、とろーりとろけるラクレットにはジュラ地方の白ワイン、ポイヤックのラム肉にはポイヤック地方の赤ワインといったように合わせていきます。

 

・対照的であるものを合わせる

味わいが対象的なものを合わせることもできます。塩気の強いブルーチーズに極甘口のワインを合わせるといった楽しみ方もあります。意外だけれども好相性、というものを探してみましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Osteria&Bar MANCINOはカジュアルな雰囲気で

本格イタリアンとワインを愉しめるお店です。

新静岡駅近くでイタリアンをお探しなら

Osteria&Bar MANCINOへ是非お越しください♫

pagetop