新着情報

ワインが苦手な方でも飲めるワインの飲み方をご紹介②


もっとワイン好きになりたいけれど、ワインが実は苦手という方もいるのではないでしょうか。

今回も前回に引き続き、そんな方のためにワインが苦手な人でもおいしく飲める方法についてご紹介いたします。大人のたしなみとして、ワインを「苦手から好き!」に変えたい方必見です!

 

 

ワインが苦手な人におすすめしたい飲み方

ワインはアルコール度数が高いので、ビールやチューハイなどのアルコール飲料と同じ感覚で飲むと酔いが回ってしまいます。落ち着いた空間で、食事と合わせて楽しみましょう。

 

基本的にワインは食中酒、お料理とゆっくり楽しみましょう

食事と一緒に楽しむことが多いワイン。食べ合わせを知っておくと、ワインをより美味しく飲むことができます。それぞれのワインに合う料理を簡単に紹介します。

赤ワイン:コクのある味の料理(肉料理など)

白ワイン:さっぱりとした風味の料理(魚料理など)

ロゼワイン:どの料理でも相性がいい(特に中華料理などがおすすめ)

どんな料理にどんなワインが合うかを知っておくと、ワイン選びがさらに楽しくなりますし、ワインがどんどん好きになっていくはずです。

 

サングリアにして飲む

ワインにフルーツを加えるスペイン発祥の飲み方で、フルーツの甘さがワインになじんで、甘酸っぱい味わいになります。

赤ワインには桃やパイナップル、白ワインにはオレンジやレモン、キウイなどが合います。リンゴやバナナは、赤ワイン・白ワインどちらに入れても合いますよ。

 

ワインカクテルで飲む

ワインをジュースや炭酸で割る飲み方で、ワイン特有の渋みが抑えられるので、より飲みやすくなります。

白ワインのカクテルとして有名なのは、「スプリッツァー」「キール」「オペレーター」「フーゴ」などです。

スプリッツァー:白ワイン90mlと炭酸水60mlを入れます。お好みでスライスライムを加えてもOK。

※白ワインを赤ワインに変えると「スピリッツァー・ルージュ」という赤ワインのカクテルになります。

キール:白ワイン60mlにクレーム・ド・カシス10mlを入れます。

※白ワインを赤ワインに変えると「カーディナル」という赤ワインのカクテルに。

オペレーター:白ワイン90mlにジンジャーエール90mlとレモンジュース5mlを加えます。スライスレモンを最後に入れて完成。

フーゴ:白ワイン50mlと炭酸水50mlにエルダーフラワーシロップ5~10mlを好みの分量で加えます。最後にミントとライムで飾って完成。

赤ワインのカクテルとして有名なのは、「キティ」「カリモーチョ」「アメリカン・レモネード」などがあります。

キティ:赤ワイン90mlとジンジャーエール90mlで割ります。

カリモーチョ:赤ワイン90mlとコーラ90mlで割ります。スライスレモンを加えると爽やかな味わいになります。

アメリカン・レモネード:赤ワイン30mlにレモンジュース45mlを加えます。甘くしたい場合はガムシロップ15mlとミネラルウォーター15mlを追加します。

 

ワインが苦手な方は、ワインの選び方や温度にこだわってみましょう。飲みにくいと感じていたワインが、意外と美味しく飲みやすいことに気づくかもしれません。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Osteria&Bar MANCINOはカジュアルな雰囲気で

本格イタリアンとワインを愉しめるお店です。

新静岡駅近くでイタリアンをお探しなら

Osteria&Bar MANCINOへ是非お越しください♫

pagetop